米国雇用統計とは

  • 2019年10月9日

米国の雇用統計は、経済指標の中で最も注目されておりマーケットに影響を与える重要な指標です。

アメリカの労働省が毎月第 1金曜日の21時30分に発表する雇用に関する経済指標複数項目の経済統計の総称です。

なぜ注目されるの?

雇用状況は、経済に影響します。雇用が安定しない場合、景気低迷の要因となります。

経済大国のアメリカの景気が悪化すると世界中の国や企業にも影響があります。世界の景気動向を注目するうえで米国雇用統計は、重要な指標となります。

雇用統計の結果が良くても悪くても今後の景気動向やトレンドに大きな影響を与える可能性があります。

そのため、発表前から注目され予想値やエコノミストの情報によりマーケットが変動することもあります。

米国雇用統計まとめ

  • 毎月第 1金曜日 21時30分に発表される
  • 失業率、非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給など10数項目の数値
  • “非農業部門就業者数” と “失業率” の2つは特に重要な指標
  • 発表結果次第では、世界経済に影響を与える